示談の進め方

HOME > 示談の進め方

示談の進め方

相手側の過失による事故で怪我をした場合、一般的には示談になるのですが、むち打ち症の場合は症状が遅く出たり、治療が長引くことで賠償上の問題が起きやすいと言われています。
示談が成立すると、特別の事情がない限り、あとで勝手に変更・取消しすることはできません。したがって慎重に示談するよう、注意する必要があります。
万が一の時に正しい判断ができるよう、示談の方法を理解しておきましょう。

むち打ちの場合は容易に治ったと言わないこと

むち打ち

まず、むち打ちの症状がでたら病院、または接骨院などに通院することになります。相手側が自賠責保険か任意保険に加入している場合、その治療費が保険会社から支払われます。
治療開始から3,4ヶ月目くらいに保険会社から症状固定、後遺障害診断書の作成の打診があるのですが、ここで安易に「治った」と言ってはいけません。

ただし、単なる自覚症状ではないということを医師や保険会社の担当者に理解していただく為にも、しっかりとした検査、通院が必要となります。
むち打ちというのは長期間完治しないこともあり、自覚症状もあまりなくなり治ったと思っていても後になって症状がぶり返してしまう恐れもあるのです。
少しでも痛みや痺れが残っている場合は「治療を続けたい」という意思をはっきり伝えましょう。

後遺症も必ず想定する

治療開始から6ヶ月後、症状固定という状態になります。
症状固定とは、病状が安定しこれ以上治療を続けても無意味と判断されることで、この症状固定状態になると保険会社からの治療費の支払いが終了します。損害額が確定し、示談がまとまったら示談書を作成します。
この時に後遺障害についての心配がある場合は、後日のために『もし今後本件による後遺障害が生じたときは改めて協議する』という条項を示談書の中に入れておきます。

しかし、交通事故では頚椎椎間板ヘルニアなど、長い治療期間を要する後遺症を残してしまうことがあります。6ヶ月以上の治療をする際も、「後遺症認定」を受ければ継続して治療費を請求することができますが、認定を受けないと、自由診察になり、多額の治療費が必要になることがあります。
その時は通常の健康保険に切り替えましょう。

交通事故・むちうち治療は、エール接骨院まで(完全予約制)(土曜診療有)電話:052-726-6529/AM 10:00-13:00 PM 14:00-21:00 休診日:日曜・祝日
診療時間・アクセス